6/15-16 J SPORTS「ル・マン24時間レース」を実況します。

新名神開通イベント、F1デモ走行で解説を担当しました。

お仕事ブログ

2月23日に新名神高速道路「鈴鹿SA」で開催された

新名神開通記念イベント

歴史的なF1デモ走行の解説をさせて頂きました。

事前申し込みのお客様限定のイベントでしたが、たくさんの方にF1の走行をお楽しみ頂き、僕自身も高速道路をF1が走る姿にとても興奮しましたね!

ご来場できなかった方のために、ちょっとレポートしたいと思います。イベントの詳細は過去記事をチェックしてください。

 

鈴鹿おろしが吹きすさぶ中、F1疾走

2月23日は当初、午後から雨予報が出ていて、F1の走行ができるかどうか関係者がみんな心配していました。それが前日になって、天気予報は丸一日晴れの予報に変わり、ひと安心。しかしながら、前日から新名神「鈴鹿SA」(鈴鹿市山本町)には強風が吹き荒れていました。

鈴鹿山脈から吹く風

 

通称 鈴鹿おろし

 

・・・これが強烈なんですよ(泣)

山本町の付近はすぐ先に高い山があるので、本当に寒い。鈴鹿市の大部分で積雪がなくても、この近辺だけは雪が降るというのはよくあることです。

当日の天気は快晴で雪の心配はなくなりましたが、会場に行ってみると、「あれ?随分と聞いていた感じと雰囲気が違うぞ」と思いました。当初は各自治体の出展ブースなどがテントで出される予定だったんですが、夜に一部のテントが吹き飛んでしまったそうです。

実行委員会の方々、テント業者の方々が総出で早朝からテントの撤収作業にあたったとのこと。

ビュービュー風が吹いてめちゃくちゃ寒い中の作業は大変だったと思います。

 

実行委員会の皆さんのおかげで準備は整いました!!

 

 

松田次生選手のドライブで1987年のF1日本グランプリ優勝マシン、フェラーリF187は無事に開通前の新名神を疾走!

僕は解説を兼任するMCとして、松田選手の走りやF1の魅力、そしてフェラーリF187の詳細などをご紹介させて頂きました。

松田選手も予定を調整してこのイベントに来たそうで、走り終えた松田選手はヘルメットの中から笑い声が聞こえるほどにご満悦の様子。「路面がフラットで底を打つこともなく、快適に走れました。やっぱり新しい高速道路はいいですね!サーキットよりも快適」と日本の高速道路技術も絶賛していらっしゃいました。

当初の予定の2往復から、時間もあるので、

サプライズでもう1往復!

凄まじい寒さの中、待ってくれていたお客さんのために嬉しいサプライズでした。

マシンのオーナー様、鈴鹿サーキット、実行委員会の皆様、松田選手に感謝です。

鈴鹿出身の僕も幸せな時間

今回のF1走行はF1ブームの時代から地元・鈴鹿でF1を見てきた僕にとっても感慨深いものがありました。

だって、ついにF1が行政主導のイベントで、高速道路を走ったんですから! 

それこそ鈴鹿サーキットに行かないと見れないF1マシンの走行が静かな山里で見れるなんて、誰が想像したでしょうか?

モータースポーツの街、鈴鹿ならではのアトラクションになりましたね。

こういった行政主導のイベントにモータースポーツが呼ばれるということ自体が、モータースポーツに携わる人間としては嬉しいことです。街の人々に理解をして頂き、鈴鹿のシティセールスとしてモータースポーツが活用される。本当に素晴らしいことです。

鈴鹿市は末松則子市長が鈴鹿サーキットのレースでスタートコマンドを行ったり、市民向けに「初心者のためのおもしろモータースポーツ講座」を実施して地元のトップチームと交流する機会を作ったり、いろんな活動を行っています。担当される市役所の方々がモータースポーツを好きになっていき、その魅力を深く理解されていく姿は僕らも見ていて嬉しいです。

行政と一口に言っても色んな担当部署があります。今回のイベント担当はシティセールスの方ではなく道路関係の部署の方々で、僕は面識がありませんでした。当初は僕は呼ばれていなかったんですが、

「モータースポーツのコンテンツにはレースアナウンサーのトークが必要だ」

とシティセールスの方が推薦してくださり、今回の解説が実現しました。

本当にありがたいことです。

レーサーの実力、チームの実力、サーキットの実力だけでなく、モータースポーツに携わる人たちが持つポテンシャルを理解してくださっている。こういった方々が鈴鹿市役所で仕事をしていらっしゃるという事実は、我々の業界にとって本当に嬉しいですね!

単にF1が走ったことだけでなく、色んな意味で幸せを感じた1日でした。

 

Yahoo!ニュースはランキング1位に

イベント終了後、市役所の広報の方が写真を撮ってくださっていたので、その写真をお借りして「Yahoo!ニュース」に記事を執筆しました。

 

開通前の高速道路でF1マシンが初走行。フェラーリF187で地元出身の松田次生が駆け抜けた!(辻野ヒロシ) - Yahoo!ニュース
開通前の新名神高速道路をF1 マシンが走った!1987年、鈴鹿で最初に行われたF1日本グランプリの優勝マシンが開通記念イベントに登場し、地元出身のドライバー松田次生がアクセル全開でデモ走行を披露した。

 

やはり反響は大きかったですね。

なんと

Yahoo!ニュース個人(スポーツ)の

アクセスランキングで

1位になりました!

モータースポーツの記事が1位になるのは久しぶりです。

これも嬉しいことでした。

一生懸命書いて良かったです!

 

読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

さらなるサプライズが!

そして、23日の夜、

某雑誌の編集長さんから直接ご連絡を頂きまして、

このイベントに関するコラムを書かせていただく事になりました!!

しかも、巻頭ページに!!

本当にびっくりしました。

 

また詳細がわかりましたら、ブログでお伝えしますね!

さて、改めまして「新名神開通記念イベント」にご来場いただいた皆様、Yahoo!ニュースの記事を読んで頂いた皆様、ありがとうございました。いよいよ今週からはモータースポーツの春がやってきます。F1の走行で興奮した方も、春の到来を今か今かと待ち望んでいる方も、ぜひお誘い合わせの上、鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA」にご来場ください!お待ちしております。

あ、大事なこと!

新名神高速道路(亀山西JCT〜新四日市JCT)は

3月17日(日)16時 開通予定です!!

モースポフェスSUZUKAの時はまだ見開通ですので、ご注意ください!

 

コメント